忍者ブログ

2016

1210
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011

1222
東電の西澤社長は22日午前 原子力発電所の停止に伴う火力発電の燃料費の負担が増加していることを理由に契約電力が50キロワット以上の企業向けの電気料金を来年4月以降値上げすることを発表 また 家庭向けなどの料金についても来年の春以降 できるだけ早い時期に値上げを国に申請する考えを示しました
引き続いて 東電以外の電力会社の料金も上ることもあるのでしょうか
東電と原子力損害賠償支援機構がまとめる総合特別事業計画に値上げ案が
検討されるとのこと
いずれにしても 東電は料金と機構から資金を受けることができる
それにしても 被災者の保障は原子力損害賠償支援機構から東電を経て
支払われるのでしょうか 何であれ被災者は生活基盤を失って路頭に迷っておられますので1日も早く賠償されることを願うものです 
原発に反対なさった方も被災しておられると思いますが
賛成派も反対派も等しく保障の支払いをうけることができますように
大きな痛手を被っている周辺の農民・漁民への保障も
同じく速やかになされることを心から願うものです

拍手[2回]

2011

1128
燃料棒というと燃焼した結果 減っていくという概念をお持ちではないでしょうか 少なくとも私はそう思っていました 
原子炉で燃やした結果どうなると思いますか 3~4年間運転後はすれば燃料棒の放射能の強さは使用前の10億倍になっているのです
燃料棒を燃やせば燃やすだけ放射能の強さはどんどん強化されるというのです それで活断層の上にある浜岡原発にはどのくらいのベクレルがあるのか考えたことがありますか

100万キロワット級原発の場合、半減期1時間以上の主な放射性物質のものだけで約1万3600京ベクレルもある(1京は1万兆ベクレル)
東海地震の震源域にある浜岡原発では、4基の原子炉の電気出力は合計360万キロワット 4基あわせて5万京ベクレルをこえる放射能をもつ放射性物質が内臓されていることになる
しかも運転すればするだけどんどん強化されるというのです

拍手[3回]

2011

1029
アンリ・ベクレル(フランス)がウランの放射線を最初に発見したのは
1896年のことでした
それより前1895年にレントゲン(ドイツ)がⅩ線(電磁波)を発見した
ウラン以外の放射性元素の発見は1898年キュリー夫妻(ピエール・キュリーはフランス、マリー・キュリーはポーランド)によるのが最初
シーベルト(スウェーデン:1896-1966年)はシーベルト・チャンバーと呼ばれる放射線測定器を開発し、またスウェーデンでの放射線防護法の制定に尽力した
こうしてみると放射能が発見されたのは100年と少ししか時を経ていない
また放射線という言葉があるがこれには電波、日光、音波、水面の波なども含まれており、放射能とは意味が違っている
今人々の健康を損なっている恐ろしい人工放射能は地球上のここそこから放出されており 人類全体いや生物の存亡に危機が迫っている
非常に残念なのは危険性を意識できない人々の多いことである

拍手[3回]

2011

0930
放射能の危機!
世界中に これだけ癌発生率が多くなっているのに
空土水にあるあらゆる生物を汚染しているのに
一向に無関心を装う 邪悪な世代!

人類のほとんどが死滅してしまっても
きっと気づかない振りをするに違いない
無関心な性向と 経済・軍事の圧力に振り回されるがいい
そして放射線にまみれて苦しむがいい
と思わず叫びそうになってしまって 強く慙愧する

世界は人を大量に殺すために放射能爆弾が必要なのだ
そのために原発を造り続けなければならないのだ
放射能の恐怖に気づいたとしても それは遅すぎる
滅び行く邪悪な世代は放射能を無視し続けるはずだ

拍手[1回]

カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Amazon
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP